HYPLUS.INC

Comfortable Mobile Life

AQUOS zero5Gをミラーリングしてテレビに出力させてみました(Type-C to HDMI変換アダプターHY-TCHD6)

AQUOS zero5G(SHG02)をHDMI出力でミラーリングさせてテレビに映し出しました

AQUOSシリーズ5G対応機種のAQUOS zero5G(SHG02)と、Type-C to HDMI変換アダプター(HY-TCHD6)を接続し、ミラーリングの動作確認を行いました。NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画出力も確認が取れました。

ミラーリングとは?

ミラーリングとは、スマホに表示されている画面そのままを外部モニター(テレビやプロジェクターなど)に映し出すことです。

AQUOS zero5GとテレビをHDMIで接続する方法

AQUOS zero5Gをテレビに映し出す方法はとても簡単で、スマホとHDMI変換アダプター(HY-TCHD6)とテレビの3つを繋ぐだけです。(※アダプターに電源を接続しなくても大丈夫です)
HDMI変換アダプタにケーブルを接続します。(※HDMIケーブルは別途ご用意下さい)
AQUOS zero5GとHDMI変換アダプタを接続すると、接続は完了です。

動画配信サービスをテレビに映し出してみました

動画配信サービスとは、インターネットの接続環境があれば好きな時間・好きな場所でお気に入りのドラマやアニメ、スポーツなどを視聴できるというものです。VOD(ビデオ・オン・デマンド)とも呼ばれています。配信サービスにより取り扱いの作品数や得意なジャンルなど特性は様々あります。配信サービスにより異なりますが無料お試し期間サービスがありますので、是非ご自宅の大きなテレビで試してみてはいかがでしょうか。

Netflixをテレビに出力

最初に、Netflix(ネットフリックス)をテレビ出力してみました。作品数が多く、ダウンロードが可能な点やプランによっては複数の機器で同時視聴(最大4台)ができる点もメリットですね。
タイトル画面は縦に表示され、本編を再生するとスマホの向きに関係無くテレビには横向き(画面いっぱい)に映し出されます。また、画面の拡大縮小も可能で、字幕の表示も確認が取れました。

DAZNをテレビに出力

次は、スポーツ配信サービスDAZN(ダゾーン)です。海外サッカー、F1、メジャーリーグ、プロ野球を主に配信されているサービスです。DAZN(ダゾーン)はアプリ側でのフルサイズボタンがなく、出力される大きさは一回り小さめとなっておりました。

Amazonプライム・ビデオをテレビに出力


最後に、Amazonプライム・ビデオをテレビ出力してみました。キッズ向けやお笑いの作品が充実していて、ダウンロード視聴と2人までの同時視聴が可能な点もメリットだと思われます。本編を再生すると、自動でスマホ画面が横向きの表示となり、ミラーリングの映し出しも横向きの表示となります。字幕も表示され、画面のサイズに自動でトリミングされます。

アプリをテレビに映し出す

AQUOS zero5Gに初期からインストールされているアプリもミラーリングで動作させることができました。

YouTubeをテレビに映し出す

スマホに最初からインストールされているYouTubeも映し出しが可能です。YouTube動画をフルハイビジョンの解像度1080pで見ると迫力が増しますね。また、このHDMI変換アダプター(HY-TCHD6)は4K画像に対応していますので、4K対応のテレビに接続すればより鮮明で綺麗な画像をお楽しみいただけるかと思います。

荒野行動を大画面テレビに映し出す

次に、スマホ版バトルロワイヤルゲームの荒野行動をテレビ出力してプレイしてみました。テレビの大画面に映すとより見やすく迫力が増しますね。映像及び音声の遅延も比較的少なく感じました。荒野行動のプレイ風景も動画にて紹介しておりますのでぜひご覧いただければと思います。
動作確認機種のリクエストがございましたら問い合わせフォームよりお気軽にお送りください。

商品情報

この記事で紹介している商品


Yahooショッピングボタンamazonボタン

メーカー:Hy+ 販売価格:2200円  メーカー型番:hy-tchd6