HYPLUS.INC

Comfortable Mobile Life

iPhone11を30分で約50%まで充電回復出来る、急速(18W)PD充電方法のご紹介

iPhone11で急速(18W)PD充電の動作チェックが完了しました

PD急速充電(18W)とは

USB PD (Power Delivery) 充電とは?

USB給電規格の1つで、大容量の電力供給と高速データ通信が可能な最先端の規格。充電速度で例えると、一般(5V1A)の1.5倍から2倍の速さで充電するのが急速充電(5V2A)で、一般の3倍以上の超急速で充電することが可能なのがPD充電。
2019年9月20日に待ちに待ったiPhone11シリーズが発売されましたね。今回は背面カメラが充実したり、防水機能が強化されたりと、まだまだ進化を遂げるiPhoneシリーズですが、今回のiPhone11 Proより付属されることになった新しい充電アダプタをご存知でしょうか?(※iPhone11は従来のアダプタが付属されました)
従来のアダプタは充電をする時の消費電力値は5Wだったのに対し、新しい充電アダプタは18W仕様に大幅アップされました。この消費電力値こそ充電の速さを示す数値で、iPhone8以降に発売された機種はこの18Wでの充電が可能となっております。このiPhoneを超急速に充電できる18W充電をPD(Power Delivery)充電と言います。

どれくらい急速充電が出来るの?

こちらのデータはiPhone11での実証実験結果です。iPhone側のバッテリー残量が少なければ少ないほど充電速度は早くなり、残量0%から充電するとこんなに差が出ます。

iPhone11で実際に試してみました

充電テスト環境

SIMカード:無し
WIFI接続:有り
アプリ起動:無し

早速、iPhone11の実機を使って一般充電(5W)とPD充電(18W)をそれぞれ30分間行い、実際に充電速度を計ってみました。一般充電(5W)では30分間の充電で18%までバッテリー残量を回復することが出来ました。

続いてPD充電(18W)の結果です。PD充電(18W)も同じく30分間充電を行った結果、何とバッテリー残量の約半分の49%まで回復することが出来ました。充電スタート当初からiPhone11が受け付けることの出来る最大電流値である18Wで充電がスタートし、約30分間ほぼ18Wで充電されていました。iPhone側のバッテリー残量が多くなれば充電速度も少し遅くなりますが、バッテリー残量ギリギリで数十分間の移動の際に早く回復させたいと思った時にもこれなら今まで以上にスピーディーにバッテリーを急速に回復させることが出来ますね。

iPhone11のPD急速充電(18W)で必要なもの

PD急速充電(18W)に必要なもの

ハイプラスから発売しているPD対応USB/ACアダプター HY-PDUS45でもPD充電(18W)の動作が確認できました。
iPhone11シリーズの急速充電に是非皆さんご利用下さい。iPhone11 Pro、iPhone11 Pro MAXの動作状況も後日アップしたいと思います。

商品情報

この記事で紹介している商品



Yahooショッピングボタンamazonボタン

メーカー:Hy+ 販売価格:2980円  メーカー型番:hy-pd10000



Yahooショッピングボタンamazonボタン

メーカー:Hy+ 販売価格:1580円  メーカー型番:hy-pdlt1-bk



Yahooショッピングボタンamazonボタン

メーカー:Hy+ 販売価格:2580円  メーカー型番:hy-pdus45-bk

もしこの記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです